TOP > ビヨンドメディア > ビヨンドの2017年度を総括しました
ニュース
2017/12/30

ビヨンドの2017年度を総括しました

株式会社ビヨンド
ビヨンドメディア


今期は「ギリギリ」というスローガンを掲げ、たのくるしみ(楽苦しみ)ながら、ビヨンドの強みを磨き、さらに言語化のレベルを上げた1年でした。

まず1番大きかったのは、「マネジメントの体系化」です。詳細については来年ガンガン打ち出していきますが「共創」という概念を中心に据えてマネジメントというものを構造化・体系化できたこと。私たちにとっては、「ビヨンドらしさ」がサービスコンセプトと結びついたという画期的なことでした。

あわせて人材開発だけでなく「組織開発」領域への踏み出しにより、ソリューション提供の幅がぐっと広がりました。


社外への打ち出しの機会も増やしました。

HRカンファレンス春 講演「某業界NO1企業導入。ハイパフォーマーのコミュニケーション原則とは?」(5/19)
・HR EXPO 3Days出展(7/26-28)
・日本マンパワーHRフェスにおける大阪、東京でのセミナー実施(8/30)(11/9)
・人事コンシェルジュセミナー共同開催「ビヨンドはマネジメントというものをこう考える」(11/1)
・HRカンファレンス秋 講演「今の新人に本当にあう新人育成をコンサルタントの視点でひも解く!」(11/14)

HRC2017秋_20171128.jpg

特に秋の公演は、お客様が入りすぎて3人がけの全席が埋まるだけでなく、会場で用意していた追加の椅子まで満員となり、まさに超満員御礼の状況でした。

HREXPO2017_1.jpg


新プログラムの開発も進みました。

・共創のファシリテーション「コ・クリエーション」
・インテグレイテッドマネジメントプログラム「人事評価 マネジメントマスター」
他にも人材系会社からの依頼で「シニア世代に対するコンサルタント養成講座」も開発しました。
それぞれいずれもお客様からよい評価をいただくことができました。

お客様にご協力いただき、多数の事例も生まれました。
そしてその一部はこのブログでご紹介しました。

・【事例】QVCジャパン様「プロジェクト型新入社員研修」
・【事例】ポリゴンマジックグループ様「人事評価マネジメントマスター ワークショップ①」

あわせて、ビヨンドの講師陣(ビヨンドサポーターズ)が増えたことで、より多くのお客様のご期待に対応できるようになってきました。単なる人数あわせではなく、高い技術・優れた人間性を備え厳選されたビヨンドサポーターズはいずれも自信をもってお客様におススメできる人物ばかりです。

・渡辺晶子サポーターとのお仕事「新入社員フォロー研修 アクセラレイト」


ビヨンドは設立から5期が経過しましたが、ここにきて拡大のための基盤がかなり整備されてきたなと実感しています。

来年も多くの皆様との「共創」でさらなる進化を遂げ、価値をお返しできるように努めます。
宜しくお願い致します。

株式会社ビヨンド代表取締役社長
仁藤和良(キング)