<![CDATA[ビヨンドメディア]]> https://b4d.co.jp/blog/ Tue, 23 Jul 2024 00:01:29 +0900 Fri, 12 Jul 2024 00:00:00 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[【ぴのこ通信vol.5】「サポーター」]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/07/12/281

こんにちは、ぴのこです!

先日の投稿にもある通り、今週9日(火)のオンライン研修後にサポーターの方々との懇親会がありました!

私はこれまでサポーターの方とじっくりお話しする機会があまりなかったので、どんな場になるんだろう…とワクワクしていたのですが、そんな想像をはるかに上回るくらい、とにかく楽しく刺激的な時間を過ごすことができたので、このことについて書きたいと思います。

テーマは「サポーター」です。

まず、ビヨンドのサポーターがどういった方たちか、というのをご説明します。

ビヨンドには現在、社長のキングさん、バックオフィスやデザイン担当のちえみさん、コンサルタントのなおけんさんと私ぴのこの4人のコアメンバーがいます。

そして、ビヨンドがお客さまに研修を納品する際、受講者の成長をサポートする存在として、信頼できる方々に「サポーター」をお願いしています。

——

※「サポーター」という呼称ですが、ビヨンドでは研修とは「講師が何かを教える場」ではなく、「大人同士が主体的に学び合う場」であるという考え方を大切にしているため、「上の立場から正解を教える」ことを想起させやすい「講師」という表現をあえて使っていません。あくまでもサポーターは大人の学びや気づきの支援者なのです。

——

このように書くと、私たちとサポーターは研修での一時的な関係しかないのではないか、
と感じられる方もいるかもしれませんが、ビヨンドではとにかくサポーターの方と研修前・研修後・それ以外の期間も綿密にコミュニケーションを取り、いかにお客さまに価値あるものを提供するか、というところをとことん追求しています。

つまり、ビヨンドにとってサポーターの方々は、とても大切な「仲間」なんです。
(ながせさんは、よく「私たちチームビヨンドは」と言ってくださいます!)

前置きが長くなりましたが、ここからは懇親会がどういったものだったかお伝えしていきます。

ご参加いただいたサポーターはながせさん(長瀬隆さん)、あっちゃん(近藤あつこさん)、えりさん(上垰えり子さん)で、
そこになおけんさんと私ぴのこが加わりました。

サポーターのみなさんからはビヨンドの研修内容をはじめ、自分の生い立ちや、専門としている「コーチング」の話、そして恋バナ(笑)など、深くて面白い話をたくさん聞かせていただきました。

私は、「こんなにも心に炎を灯して生きている方たちがそばにいるんだ」と自分自身も奮い立たされました。

たくさん冗談を言ってとにかく笑わせてくださる上に、ホワイトボードを引っ張り出してきてビヨンドの未来を真剣に思い描いてくださるながせさん。

一見ほんわかしているように見えるけれども、実はとても芯があって野心にあふれているあっちゃん。

安定感とパワフルさを兼ね備え、「自分が生きる意味」に向き合ってキャリアチェンジしたえりさん。

自分の等身大の姿をさらけ出し、未来を熱く語り合うかっこいい大人たちが周りにいる環境は、本当に幸せなことだなと感じます。

私も自分の人生にしっかりと向き合って、サポーターの方たちのようなかっこいい大人になりたいと思いました。

以上、ぴのこでした!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

]]>
Fri, 12 Jul 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[★研修終了後にオフィスで懇親会!]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/07/10/280

ながせサポーターによる研修運営終了後に懇親会。



当日テクニカルを務めたあっちゃん(近藤サポーター)と仲良しのえりちゃん(うえたおサポーター)が途中から参戦!




「いい気」の人ばかりが集まった、最高に心地よく深まる場。

終電近くまで盛り上がりました!


]]>
Wed, 10 Jul 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[★長瀬サポーターによる中堅社員向けのプログラム@zoom。]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/07/10/279

担当コンサルタントはなおけん。

テクニカルサポーターはあっちゃん(近藤あつこさん)。

「活躍する中堅社員のリーダーシップとは?」「成果を出す人のロジカルな思考とは?」をテーマにボリュームたっぷりの内容でしたが、受講者は普段の自分に矢印を向けて「自分ごと」として捉え、最初から最後まで集中力を切らさず取り組んでいました。

長瀬サポーターは自身の経験談を交えながら受講者の悩みに全力で共感し、「前向きに少しずつ改善していきましょう!」と背中を押していました。

今回学んだことを一つでも受講者が職場に持ち帰り、少しずつでも内面にプラスの変化が生まれていってほしいと思います。

]]>
Wed, 10 Jul 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[★うえたおサポーター(えりちゃん)による後輩育成テーマのプログラム@zoom。]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/07/09/278

担当コンサルタントはなおけん。

そして、テクニカルサポーターを務めたぴのこ。

昨年度よりプログラムを見直し、受講者との対話の時間を多くとったことで、長時間ながらもひとつひとつの学びが落とし込めるような運営になりました。

うえたおサポーターは、かつてのマネジメント経験/被マネジメント経験を引き合いに出しつつ実感値を込めてメッセージを伝えていました。
そして、その人間性が出てくるエピソードに、ついついオブザーブしていたなおけんが笑ってしまうことも。

明るく安心感のある学びの場では、人は自分を内省し、変化の糸口を掴みやすくなります。

終了後のお客様との振り返りの場での評価も上々。今年あと2回の同プログラムの開催も楽しみです。

]]>
Tue, 09 Jul 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[【ぴのこ通信vol.4】「フィードバック」]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/07/05/277

こんにちは、ぴのこです!

社長のキングさんが、喉の手術による入院などのため1週間ほどオフィスに来られなかったのですが、無事手術が終わり経過良好とのことで、今日久しぶりにオフィスに4人全員が集結しました!

退院のお祝いをしたいということで、キングさん自身がおごってくださり(笑)、美味しいうなぎをいただきました!ビヨンドはこれからますますパワーアップしそうです!!

さて、今回のぴのこ通信は「フィードバック(※以降「FB」と表記します)」をテーマに書きたいと思います。

みなさん、「FB」と聞いて、何を思いますか?私はビヨンドに入るまで、意味は知っているけれどあまり馴染みがない言葉でした。ビヨンドではFBをとにかく大事にしており、私も毎日キングさんやなおけんさんからFBをいただいています。

ここで、FBに関する2つの印象的なエピソードをご紹介します。

1つ目は、私がオブザーブ(見学)させていただいた某企業さまの2年目研修の受講者についてです。その研修ではペアになって「報連相」や「指示受け」のロープレをし、互いに良かった点と改善点をFBし合ったのですが、回数を重ねるごとに受講者が目を輝かせてFBを受け取っていました。

2つ目は、ビヨンドでサポーター(講師)としてご活躍されているTさんについてです。

Tさんは研修講師を20年近くされてきた大ベテランなのですが、昼休憩や研修後に、20歳近く年齢の離れているなおけんさんに「私の研修のやり方、大丈夫ですかね…?」とFBを自ら取りに行かれていました。なおけんさんはFBを求められたことに少し驚きつつも、良かった点と改善点をお伝えし、Tさんはしっかり受け止め、なおけんさんに感謝の気持ちをお伝えしていました。

この2つのエピソードを読んで、みなさんはどのように感じましたか?私は、とてもすごいことだと思います。

1つ目について、ビヨンドの研修ではとにかく受講者が安心してFBをし、FBを受け止められるよう意識付けをしています。「自分を棚上げして人にFBをする」「FBされたことは自分の『欠点』ではなく『伸びしろ』と捉える」。この意識を持つことができれば、FBは怖いものではなく、とてもポジティブなものになります。

2つ目について、ビヨンドは受講者にFBの大切さを伝える立場だからこそ、経験や年齢に関わらず、常にFBを求める姿勢を大切にしています。FBを大切にしているという共通認識があるからこそ、経験や年齢に差があっても互いに安心してFBし合うことができます。

私も最初はFBをもらいに行くということに躊躇する気持ちがありましたが、今では自分から積極的にFBをお願いすることができるようになりました。落ち込むこともありますが、「早めに気付けて良かった!」と捉えて日々頑張っています。

これから年齢や経験を重ねていっても、FBを取りに行き、自分の弱さに目を向けて改善し続けていけるような、そんな素敵な人になっていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

]]>
Fri, 05 Jul 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[7-8月開催!ビヨンド無料セミナーのご案内!]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/07/02/271 7-8月は3テーマの無料セミナーを開催いたします!

①「今の新人」に刺さる新人研修とは?~2024年大手企業の事例もご紹介~

②配属先の上司が選ぶ新人フォロー研修とは?~本当は自覚してほしい自分の課題に向き合う~

③新人研修と連動したOJTトレーナー研修のご紹介~「新人に踏み込めない問題」を解決するには~

▼予約はこちらから(※無料)

https://b4d.co.jp/contact/copy_contact.html

▼詳細案内です▼
------------------------------------------------------------------
①「今の新人」に刺さる新人研修とは?~2024年大手企業の事例もご紹介~
------------------------------------------------------------------

●これらのキーワードに関心のある方向けのセミナーです
「研修が新人に刺さっているか実感がない」
「成長実感が持てる新人研修とは?」
「配属先の上司に喜ばれる新人研修とは?」
「他社の新人研修の取組みをきいてみたい」

●概要
「今の新人」が本気で取り組め、社会人としての行動変容につながる効果的な研修とは何かをお伝えします。
当日は大手企業の新人研修事例のご紹介を通じて、2024年度の新人研修の振り返りと次年度の施策検討に向けた参加企業同士の意見交換ができます。

●日程(2回とも同一内容です)
①7/26(金) 13:00-14:30
②8/ 2(金) 15:30-17:00
※終了後、質疑応答や個別相談の時間もご用意があります

▼予約はこちらから(※無料)

https://b4d-s.cms2.jp/contact/copy_contact.html


------------------------------------------------------------------
②配属先の上司が選ぶ新人フォロー研修とは?~本当は自覚してほしい自分の課題に向き合う~
------------------------------------------------------------------

●これらのキーワードに関心のある方向けのセミナーです
「新人のフォロー施策を考えたい」
「配属後、新人の成長度合いにバラつきを感じる」
「新人の学生気分が抜けておらず受け身に感じる」
「早期離職を防止したい」」

●概要
配属先の上司が、新人に対して本当は自覚してほしいと思っている成長課題にどのように向き合ってもらうか。配属されたからこそ分かってくる新人の成長課題について、内省を促し成長を加速させる「本質的なフォロー研修」をご紹介します。

●日程
①7/26(金) 15:30-17:00
※終了後、質疑応答や個別相談の時間もご用意があります

▼予約はこちらから(※無料)

https://b4d-s.cms2.jp/contact/copy_contact.html


------------------------------------------------------------------
③新人研修と連動したOJTトレーナー研修のご紹介~「新人に踏み込めない問題」を解決するには~
------------------------------------------------------------------

●これらのキーワードに関心のある方向けのセミナーです
「パワハラと思われないかが不安で、言いたいことが言えない」
「新人をどのように育成していけばいいのか分からない」
「OJTを担当者に丸投げしてしまっている」
「OJT担当者によって新人の成長にバラつきがある」

●概要
新人が配属先で成長していくために必要な支援とは何か。新人が「職場適応・職務適応・キャリアへの適応」の3つの壁を超えるために、OJTトレーナーに求められる日常の関わり方を考えるセミナーです。
新人とOJTトレーナーの相互理解やフィードバック基準の合意など、大手企業の新人育成事例もご紹介します。

●日程
①8/2(金) 13:00-14:30
※終了後、質疑応答や個別相談の時間もご用意があります

▼予約はこちらから(※無料)

https://b4d-s.cms2.jp/contact/copy_contact.html


------------------------------------------------------------------
※各セミナーともグループワークを行いたいので、基本は「顔出し&声出し」参加でお願いします!

皆様の疑問にお答えしながら柔軟に場を運営したいと思っています。
研修を改めて考えたい方、具体的な疑問を解消したい方も、お気軽にご参加ください。皆様とわいわいやり取りができると嬉しいです。


★参考:過去の弊社セミナー参加者たちの声

・無料というのがもったいないくらい、短時間でとても本質的な学びを得られた
(ただし、頭が疲れました笑)
・他社事例を聞けたし、自社で取り入れられることも発見できてよかった
・ビヨンドの研修の紹介も少しあったが、もう少し聞きたい内容だった

]]>
Tue, 02 Jul 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[【ぴのこ通信vol.3】「自分にとっての目的とゴール」]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/06/28/276

こんにちは、ぴのこです!

最近、ふと思い立って髪をバッサリ切ったので、さらにぴのこ感(手塚治虫の「ブラックジャック」に出てくるキャラクター「ピノコ」)が増しました!髪を洗うのも乾かすのも楽になって、日々小さな幸せを感じています。

さて、ビヨンドで働き始めて2週間が経ちましたが、最近「これを大事にしよう!」と心に誓ったことがあるので、そのことについて書きたいと思います。

テーマは「自分にとっての目的とゴール」です。

ビヨンドに入ってから何度も耳にする言葉が、「目的とゴール」(と新オフィスの移転先「DKY(代官山)」笑)です。

仕事をする上では「目的とゴール」を設定するのが必要不可欠だと思いますが、正直、前職の新聞記者時代は「目的ってちゃんと考えてたっけな…?」という感じですし、「ゴール」に関しては仕事においてそういった概念を使う、ということすら知りませんでした。

そしてビヨンドに入って、「仕事には必ず目的とゴールを設定する」ことの大切さを学んだのですが、加えて、「自分がその仕事に向き合う上での目的とゴールも設定しよう」と思うようになりました。

きっかけは、今週25日(火)に、皆さんが入社セレモニーを開催してくださったことです。

入社セレモニーでは、私を採用した理由、得意なことと成長課題、今後どんな仕事ができるようになってほしいか、ということを驚くほど詳細に伝えてくださいました。

それまでは、「ここで成長したい!」と意気込んで入ったものの、代表のキングさんはもちろん、ちえみさん、なおけんさんも大ベテランの社会人なので、「自分は本当にやっていけるんだろうか…」という不安もありました。

しかし、セレモニーで未来の自分の姿をイメージできたことで、自分が今何をすべきか、どのように仕事に向き合うべきか、ということが分かり、仕事により主体的に取り組めるようになりました。

私はどちらかというとできたことよりもできなかったことに目が向いてしまうので、まずは自分で自分を認めてあげることが大事だと思っています。(もちろん、お客さまに認めていただく、という前提の上でですが。)

そのために、自分で自分を認めてあげるための指標をつくることが大事だな~と感じていて、それが「自分にとっての目的とゴール」を日々設定することなんだと思います。

こういったことを当たり前にやっている方も多いと思いますが、自分的には大きな発見だったので書いてみました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

]]>
Fri, 28 Jun 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[【ぴのこ通信vol.2】「心で仕事をする」]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/06/21/275

こんにちは!ぴのこです!

19日(水)に投稿したばかりですが、基本的には毎週金曜日にぴのこ通信を出す予定です!
(19日のように臨時で投稿する場合もあります)

今回は、1週間ビヨンドで働いてみてどうだったのか、率直に書きたいなと思います。テーマは「心で仕事をする」です。

私は入社初日に、某不動産業企業さまの3年目研修をオブザーブ(見学)させていただきました。

みなさんは研修に、どんなイメージを持っていますか?「その場限り」「やってもあまり変わらない」と思っている方もいらっしゃると思います。

私も最初はそんな風に思っていましたが、ビヨンドのメンバーと面接で話をして、その人間理解の深さに衝撃を受けて、「ビヨンドなら、変わろうとする人や組織の後押しができる」と感じて入社しました。

実際、研修を見てみてどうだったか。

私は、受講者が「変わった」と感じました。

それは、その場の雰囲気の変化であるとか、受講者の発言の具体性であるとか、アンケートの回答内容の深さなどから感じ取ることができました。

それでは、なぜビヨンドはそのような研修ができるのでしょうか?

1週間メンバーと一緒に仕事をしてみて思ったのは、「心で仕事をしている」からです。

事前準備では、社員がどんな問題を抱えていて、何を目指しているのか知るために、膨大な時間をかけて人事などの方と対話を深めます。

研修当日は、開始前・休憩時間・終了後にも受講者一人ひとりとコミュニケションを取り、誰がどんな問題を抱えていて、どんな素敵なところがあるのか、ちゃんと把握しています。

事後報告でも、研修中の光景がありありと目に浮かぶくらい詳細な資料をつくり、それを材料に人事の方と受講者の今後の成長につなげるための対話をします。

いずれも、「本気で人・組織の成長を支援したい!!」という想いがないとできないことですし、自分が全身全霊で向き合うことで、相手も全身全霊で応えてくれるのだと思います。

日々、ビヨンドのプロフェッショナルさに触れれば触れるほど、「ここに入って良かった!」とも思いますし、「私にできるのかな…」と不安にもなります。

それでも私は、本当に人のためになる仕事がしたい。

一人でも多くの人が幸せに働ける社会を、本気で創りたい。

そんな気持ちを、大切に大切に守りながら、メンバーにもたくさん助けてもらいながら、これから頑張っていきたいと思います!

]]>
Fri, 21 Jun 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[★多田サポーターによる若手向け「応援されるビジネスコミュニケーション」研修がいい感じで終了〜!@大阪]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/06/20/274

大手メーカー様の若手向けの階層別研修全2日間のうち、ビヨンドは初日を担当。
今日は多田サポーターによるプログラム運営でした。

「応援される」とはどういうことか?
先輩や上司はどんな気持ちなのか?

この中心の問いを大切にしつつ、ほがらかな場を作っていきます。
受講者たちは、その場の中で安心して職場での自分を語り、それゆえに彼らにとって実践につながる学びや気づきが起こっていました。

彼らにとって、意味ある場が提供できたと思います!
]]>
Thu, 20 Jun 2024 00:00:00 +0900
<![CDATA[【ぴのこ通信vol.1】新たな福利厚生が誕生!その名も「FL2500」!]]> https://b4d.co.jp/blog/2024/06/19/273

こんにちは!
今週17日からビヨンドに加わりました、ぴのこです!

ビヨンドのメンバーの方々に惚れて超スピード入社した私ですが(笑)、まだ社会人3年目ということで不安な気持ちもあります。
そこで、これから週1回程度「ぴのこ通信」と題してビヨンドで体験したことを発信することで、ビヨンドに応募をしようか迷っている方の参考にできればと思います!

記念すべき第1回目のテーマは、「FL2500」です!

「………???」となりますよね。
実は、ビヨンドで新しく誕生した福利厚生のことなんです!
 
「FL2500」は「フリーランチ2500」の略で、1週間に1人あたり2500円分(500円分×5)のポイントが付与されて、ランチで外食に行く際に使うことができるというものです。

ビヨンドはオフィスが10月から代官山に移転するのですが、代官山はランチが高めのお店が多いので外食に行きづらくなるかも…ということで、社長とちえみさんが考案してくださいました!

「メンバー間のコミュニケーションを促進しよう!」という意図があるので、メンバー2人以上で行くときに使うことができます。
毎日500円ずつ使うのもよし、ちょっと豪華なランチに1日で使うもよし、という感じです!

さらに、このポイントはメンバーにあげるのもOKで、頑張った人にご褒美としてみんなのポイントをあげちゃおう!みたいなことも考えています。

この話が出た時、「福利厚生って、こんなに簡単に生まれちゃうの!?」と思いましたが、そもそも福利厚生が何のためにあるのかというと、「社員がより楽しく、生き生きと働けるようになるため」なんですよね。

金額で言ったら給料を1万円(2500円分×4週間)増やすことと同じですが、それでは自然と貯金に回してしまったりして、この目的は達成できないですよね。

このようなことを考えてくださる会社に入ることができて、改めて良かったなと思いました!

明日は「FL2500」で人生初のタイ料理に挑戦する予定です!楽しみです!!

以上、ぴのこでした!!

読んでいただきありがとうございました!

]]>
Wed, 19 Jun 2024 00:00:00 +0900